食育・給食室

ふくろうの森保育園の給食室のスタッフは、調理師の資格を持ち、調理経験が豊富です。

美味しい自園調理給食・補助食・おやつを毎日提供しています。

給食の役割

保育園の給食は、子どもたちにとって一日の中で重要な時間の一つです。
給食は、ただお腹を満たすだけでなく、以下のような役割を果たしています。

栄養バランスの取れた食事の提供

給食は、子どもたちが成長するために必要な栄養素をバランス良く摂取できるように工夫されています。
たんぱく質、ビタミン、ミネラルなど、バラエティ豊かな食材を使って、栄養バランスの良い食事を提供します。

食事マナーの教育

給食の時間は、食事マナーを学ぶ絶好の機会です。正しい箸の持ち方や、食べ物を大切にする心を育てることができます。

新しい食材や料理に触れる機会

家庭ではなかなか出会うことのない食材や料理に触れることで、子どもたちは新しい味覚を発見し、食に対する興味や好奇心を育てます。

給食の効果

給食は、子どもたちの成長と発達に大きな影響を与えます。以下にその効果をいくつか紹介します。

健康的な体の発達

栄養バランスの取れた食事は、子どもたちの健康的な体の発達を支えます。免疫力の向上や、学習能力の向上にも寄与します。

社会性の育成

給食の時間は、友達や先生と一緒に食事をすることで、コミュニケーション能力や協調性を育てる機会となります。

保育園の食物アレルギー対策

食物アレルギーは、子どもたちの健康と安全に直接関わる重要な問題です。
私たちの保育園では、以下のような対策を講じて、すべての子どもたちが安心して給食を楽しむことができるようにしています。

アレルギー情報の収集と共有

入園時に保護者からアレルギー情報を詳しく収集し、それを給食室と保育スタッフ全員で共有します。
また、アレルギーが新たに発覚した場合や、状況が変わった場合には、その情報を速やかに更新します。

個別対応の給食提供

アレルギーのある子どもたちに対しては、アレルギー物質を含まない給食を提供します。
そのための専用の調理スペースを設け、食材の混入を防ぐようにしています。

保護者とのコミュニケーション

保護者と密に連絡を取り合い、子どもの健康状態やアレルギーの状況について常に最新の情報を得ています。
また、給食の献立についても透明性を持って共有し、保護者の意見や提案も積極的に取り入れています。

これらの対策を通じて、私たちはすべての子どもたちが安全に、そして楽しく給食を食べられる環境を提供しています。
子どもたちの健康と安全を第一に考え、日々改善と向上を目指してまいります。

ふくろうの森保育園では、子どもたち一人ひとりが健康で、楽しく、美味しく食事ができるよう、ベテランの給食室のスタッフが日々努力しています。
これからも子どもたちの笑顔あふれる給食時間を目指してまいります。